児童ポルノ

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここにロリエロ画像はありません。 

そういえば児童ポルノリツイートで逮捕のニュースを見て思い出した。

ちょっと前のこと。

自分のサイトやブログにどうやってアクセスしてくるのか、なんてことをチェックしてたら気がついたのが、むちゃくちゃ画像検索経由が多かったこと。

たまに画像がある程度のブログなのに。


しかもどんな言葉で画像検索してるのかを見ていくと、マニアックなものが多い。

まさかの盲点。


上位は医学的な用語が多いんだけど、下位になるにつれて「二次元ロリエロ」だの「外人ロリエロ」だの。


「ふんどし 勃起」なんてのも月に100回以上あったりして。

いやあ考えもしなかったなあ。


期待に沿える画像が無くて本当に申し訳ない(ウソ



関連記事
スポンサーサイト

児童ポルノをリツイートで逮捕? 

児童ポルノをリツイートした疑いで書類送検 全国初』という朝日新聞の記事を見て、リツイートで逮捕って、そもそもツイートしたやつはどうした?

と、思ったら読売新聞を読むと、

『ツイッターに児童ポルノの画像を投稿した上、自身が開設したもう一つのツイッターに転載し、不特定多数の人が閲覧できる状態にした』

ということか。

で、さらに二人リツイートしたやつが捕まったと。


理解。


というか朝日新聞、説明不足。

タイトルもおかしくないか?

なんか論議を呼びそうにしてる?


しかしそんなに児童ポルノって出回ってるんだ。

確かめる方法を知らないのでわからん。

出回ってるわりにリツイートしたのが二人というのも少ない感じ。

これからさらに捕まるのが増えるのかな。


ツイッターの児童ポルノ画像転載、3人を初摘発
2014年11月21日 11時06分

 簡易投稿サイト「ツイッター」に投稿された児童ポルノ画像を転載(リツイート)したとして、神奈川県警は21日、横浜市磯子区の無職男(23)と大阪府大東市の配送業の男(52)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの容疑で横浜地検に書類送検し、関東地方の中学2年の男子生徒(14)を同様の非行事実で児童相談所に通告した。


 県警によると、ツイッターでの児童ポルノ画像の転載者を摘発するのは全国初だという。インターネット上では転載で児童ポルノ画像が拡散しており、これを抑え込むには投稿者だけでなく、転載者も取り締まる必要があると判断した。

 発表によると、無職男は今年3月、ツイッターに児童ポルノの画像を投稿した上、自身が開設したもう一つのツイッターに転載し、不特定多数の人が閲覧できる状態にした疑い。他の2人は同月、この画像を自身のツイッターに転載した疑い。3人の閲覧者(フォロワー)は約4200人いた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141121-OYT1T50051.html


関連記事

「ロリ エロ」って書いちゃったよ。 

たしかに「ロリ エロ」で検索しても2ページしか出てこない。

これは難しい問題だ。

で、こういうブログを書いたらはじきだされるのかな。


2014年06月23日 19時34分 更新
Google、「アルゴリズム改善に常に注力」 「ロリ」問題でコメント
「アルゴリズムの改善に注力している」――Googleで「ロリ」を含むワードの検索結果が激減していた問題に関連し、Google日本法人が児童ポルノ対策についてコメントした。

 Googleで「ロリ」を含むワードを検索した際、表示される検索結果の数が激減していた問題に関連し、Google日本法人は6月23日、児童ポルノ関連ワード対策について、「識別精度の向上を始め、アルゴリズムの改善に常に注力している」とコメントした。

 コメント全文は以下の通り。

 「Googleは、児童への性的虐待に対して厳粛な対応を行っており、これらの違法なコンテンツをGoogle製品で表示しないように取り組んでいます。この取り組みは困難な課題であり、完璧に対応できているとはいえませんが、Googleでは、コンテンツや検索キーワードの識別精度の向上を始め、アルゴリズムの改善に常に注力しています」

23日現在でも「ロリ エロ」で検索した結果は2ページ目までしか表示されない
 Google検索で「ロリ」関連ワードに異常があったのは6月4日~20日ごろ。「ロリ」単体や、「ロリ 陵辱」「ロリ 巨乳」「ポロリ」などのワードで検索結果の数が激減し、WikipediaやTwitterなど大手サイトしかヒットしない状態になっていた。20日までに問題はほぼ解消したが、23日現在でも「ロリ エロ」など一部のワードで問題が続いている。

(後略)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/23/news127.html

関連記事

【メモ】児童ポルノ対策導入に向けた課題の検討 



児童ポルノ対策 事業者が会合
9月11日 4時28分

児童ポルノのサイトをインターネットから強制的に遮断する、「ブロッキング」と呼ばれる新たな対策が国内で始まるのを前に、遮断を行うインターネット接続事業者の会合が東京で開かれ、導入に向けた課題などが検討されました。

会合には、国内のインターネット接続事業者の担当者らおよそ150人が参加して、初めにブロッキングの仕組みや課題について説明を受けました。ブロッキングは、児童ポルノを掲載しているサイトへの利用者のアクセスを、接続事業者が強制的に遮断する技術で、国内では来年度から実施される予定ですが、利用者の通信の秘密を侵害するという懸念なども指摘されています。10日の会合では、弁護士なども加わった討論が行われ、参加者からは、Winnyなどのファイル交換ソフトを使って児童ポルノをやり取りする手段に対しては、ブロッキングでは対応が難しいという課題が指摘されました。一方で、子どもを支援する団体の担当者からは、「ブロッキングの実施は、被害にあった子どもの救済につながり、取り組みを進めてほしい」という要望も出ていました。インターネットの業界団体や接続事業者では、今後、遮断する対象のサイトをリストにまとめるなど、ブロッキングの来年度からの運用に向けた準備を進めることにしています。

http://www.nhk.or.jp/news/html/20100911/t10013923861000.html


関連記事

児童ポルノコンテンツのブロッキング 

本当にこの解釈でいいの?

『「緊急避難」としてならば、通信の秘密を侵害しても違法性が阻却される』


ISP業界が一転、児童ポルノのブロッキング実施に前向きな姿勢を表明

 児童ポルノコンテンツをISPが強制的に遮断する「ブロッキング」と呼ばれる手法について、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)が 18日、公式見解を発表した。問題のないサイトを見ているユーザーも含めて接続先URLなどの通信内容を監視する仕組みのため、これまでは通信の秘密を侵害するとして慎重姿勢だったが、児童ポルノ被害の重大性や世論などを考慮し、ISP各社が事業の一環としてブロッキングを行うことはやむをえない判断であると認めた。

 ただし、ブロッキングが認められるのは、刑法第37条の「緊急避難」にあたる場合に限定する考え。児童ポルノ画像の内容が著しく被害児童の権利を侵害するものであること、画像の削除や掲載者の摘発といった他の対策が容易に行えない海外サイトの場合であることなどが要件となる。「緊急避難」としてならば、通信の秘密を侵害しても違法性が阻却されるとの解釈は、「安心ネットづくり促進協議会」の検討グループが報告書として3月にとりまとめたが、JAIPAの方針はこれを受けたかたちになる。

(後略)

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100518_367853.html

関連記事
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。