google

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェイスブックVSグーグル 

Facebook、すごいなあ。

とはいえ用途、目的が違うものを比較してもあんまり意味なさそうだし、まして検索からSNSへ、なんて。

どちらかというとFacebookの次は何?の方が気になる。


時代は検索からSNSへ?――ブラジルのFacebook訪問数、Googleを上回る
訪問数が上回ったのは、すべて休日だった。

 ブラジルでSNSのFacebookの訪問数が、検索サイトのgoogleを上回ったとExperian Hitwiseが発表しました。具体的には、「先週末(4/14~15)のFacebookの訪問数シェアがgoogleを上回った」とのこと。

(後略)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1204/20/news069.html

関連記事
[ 2012/04/22 20:15 ] コミュニティ | TB(0) | CM(0)

AKB48ぐぐたす選抜という展開 

ぐぐたす選抜って・・・・・・あいかわらずAKB48を前面に出して行くんだ。

これだとGalaxyやGoogle+のCMというよりAKB48のCMだよね。

Googleの思い切りも凄いな。

Google+の目標は年内に利用者倍増だけど、AKB48がどれだけ効果があるものなのか注目。

Galaxy Nexus: Google+ AKB48編 60秒フルバージョン



AKB48 : 石田晴香ら「ぐぐたす選抜」がグーグル新CMに出演 オリジナル楽曲も初披露
2012年03月22日

 人気アイドルグループ「AKB48」の「ぐぐたす選抜」が22日、「Google(グーグル)」の新CM「AKB48 ぐぐたす選抜篇」でテレビCMに初出演することが明らかになった。AKBメンバーがグーグルのCMに出演するのははじめて。24日から全国で放送される。

(後略)

http://mantan-web.jp/2012/03/22/20120322dog00m200051000c.html



打倒フェイスブックなるか グーグル+ 年内に利用者倍増目標
2012.3.19 05:00

 米インターネット検索大手グーグルは年内に同社ソーシャル・ネットワーキングサイト(SNS)「グーグル+(プラス)」の利用者を2倍以上に増やすことを目指しているという。同社のビック・グンドトラ上級副社長がこのほど、ブルームバーグテレビとのインタビューで明らかにした。

(後略)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/120319/bsk1203190502003-n1.htm


あ、私といえば「注目の投稿」を見てもAKBだらけだったのをブロックしまくっております。

しゃあない。

興味無いんだもん。



関連記事
[ 2012/03/23 10:24 ] インターネット広報 | TB(2) | CM(0)

悲劇的なお話はもういらない。 

東日本大震災からもう少しで一年。

悲劇的な話がインターネット上でもちらほら。

今日も不幸にも亡くなった娘さんがお父さんにむけて残していたメールというのを見かけた。



こういう話は流すなとはまったく思わないけど(作り話じゃなければ)個人的にはちょっと厳しいな。


これだけの規模の災害、数え切れない悲劇があったのはわかる。

自分が想像もつかないくらいの悲劇が無数にあったのは理解できる。

そういった方々にはかける言葉すら見つからない。


地震が起きてテレビに映し出された津波。

走っている車に向かっていく津波。

どう見ても学校としか思えない建物に向かっていく津波。

etc.


あれを見ただけで悲劇がいくらでも想像はつく。

自分にだって親も兄弟も子もいる。

そういう身になって想像もしてしまう。

それがどれだけの悲劇かその身にならなけばわからないくらいの悲劇を。

誰に言われなくてもそれがずっと続いているようなもの。



悲劇的な話に「忘れてはいけないのです」的な意見がついたりしてるけど、そもそもそういう話抜きでもこんな事を忘れられるわけがないです。

自分だけが忘れてなくて、他の人に教えてるつもりなんだろうか。



当時の反省をし、次に生かす。

このニュースのような話なら受け止められる。

次にこんなことが起きたならどうしたらいいか。

そのために何をしたらいいのか。






東日本大震災から1年、グーグルが当時の活動を振り返る
Business Media 誠 3月7日(水)18時17分配信

 2011年の東日本大震災では、多くの企業や個人がITを活用して災害情報や、生活情報の共有に取り組んだ。グーグル日本法人でも、パーソンファインダー(安否情報の登録・検索サービス)や、Googleマップ、ストリートビューの更新などさまざまなプロジェクトが立ち上がった。

 まもなく先の震災から1年を迎えるが、3月7日にグーグルはこれらの活動を振り返り、今後に活かすための取り組みを発表した。その概要をお伝えしたい。

●パーソンファインダーは同姓同名でも住所で判断できるように

 グーグルの徳生健太郎氏(製品開発本部長)によると、先の震災で取り組み、今後に備えるべく3つのサービスを整備したという。1つめは災害用伝言板サービス「パーソンファインダー」。東日本大震災では地震発生直後わずか1時間46分後に公開し、安否確認に役立った伝言版サービスだ。このパーソンファインダーを次なる災害に備えて整備した。来る3月11日には、実際に試してみることも可能になる。

(後略)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120307-00000073-zdn_mkt-ind


関連記事

AKBのGoogle+への侵食 

なにか興味深い書き込みはないかと人気の投稿を見てもAKBだらけ。

ファンの人にはありがたいだろうけどそうじゃない人には意味無しだな。


ということでAKBをブロックして人気の投稿に出てこないようにしてみた。


ところがSKE48、NMB48、HKT48まであるんだ。

いったい何人いるのやら。

人数多すぎ。


これらがまた人気が出てきたらまたせっせとブロックせにゃならないのか(笑)


もはやAKB専用SNSの感あり。



トータル350万人以上が、AKBグループのメンバーをGoogle+のサークルに追加

「AKB48新戦略プロジェクト」の第1弾企画として2011年12月20日に行われた「AKB48紅白対抗歌合戦」のライブストリーミング配信において、YouTubeでの視聴回数が270万回を突破したことがわかった。国内で実施され、視聴回数が公表されているライブストリーミング配信の合計視聴回数としては最多だという。海外でも反響を呼び、視聴比率は日本が60%、海外が40%だった。

 AKB48新戦略プロジェクトは、12月8日にデビュー6周年を迎えたAKB48の海外展開強化を視野に入れてスタートした活動。Googleが運営するSNS「Google+」を全面的に活用するのが特徴だ。Google+に開設したメンバーごとの個人ページを通じて最新情報を配信し、ファンとの交流を図る。各メンバーがページ上で共有した情報は、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、タイ語、インドネシア語の5カ国語に翻訳され、海外のファンも楽しめるようにしている(英語以外はGoogle翻訳による機械翻訳)。

 Google+のユーザーは、自分の「サークル」にお気に入りのメンバーを追加することで、そのメンバーが発信する情報をGoogle+の「ストリーム」上でリアルタイムにチェックできる。

 AKB48新戦略プロジェクトPR事務局によると、大島優子、前田敦子、篠田麻里子をサークルに追加したユーザーの数はそれぞれ10万人を超えており、さらにAKBグループのSKE48、NMB48、HKT48まで含めると合計350万人を突破したという(複数登録も含む1月18日現在の数字)。事務局では、海外のトップアーティストをもしのぐ規模だとしている。

(後略)

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120118_505528.html


関連記事
[ 2012/01/19 15:31 ] コミュニティ | TB(1) | CM(0)

Google AdSenseに注意されるの巻 

『Google のプログラム ポリシーに準拠しない方法で Google 広告が表示されています。』というメールが来た。

なにかと思ったら

アダルト/性的欲求の充足
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=105957

アダルト/性的補助およびフェチ
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=105957

の違反だそうで。


確かに以前アダルトがらみの用語での検索状況を見るためにそういう話題の記事をいくつか書いたっけ。

どちらにしろもう用は無いのでひとまずその手の記事をを削除したけど、おっ○い検定について書いた記事はどうなのか迷ってしまった。

別にアダルトだとは思わないけどお○ぱい検定で万が一でもアカウントを抹消されたくないしなあ。


どうなんだ、おっぱ○検定の話題は(笑)


関連記事

AKB+グーグルプラス 

AKBパワー凄いなあ。

フォロワー数ランキングもほぼAKBだらけ。

google+ ページランキング →http://gplus.userlocal.jp/

メンバーを良く知らないのでたぶんですけど。


眺めてたら自分のサークルに何人かいれたくなってきた(笑)

【LIVE】AKB48紅白対抗歌合戦 (Google+オリジナル.ver)





AKB48 : “紅白対抗歌合戦”をグーグルプラスで生中継 映像配信や投票への参加も
2011年12月20日

 アイドルグループ「AKB48」が出演し、20日午後6時から行われる「AKB48紅白対抗歌合戦」がGoogle(グーグル)の情報共有ツール「Google+(グーグルプラス)」を活用してライブストリーミング配信される。オリジナル映像の配信やユーザー参加型企画を行うほか、動画サイト「YouTube」内の「AKB48 Official Channel!」でも同時配信する。

 企画は、8日に発表された「Google+」の機能を活用し、「AKB48」のコンサートをメンバーの「Google+」上でリアルタイム配信する企画の第1弾。ステージ後方の上手と下手から撮影されるメンバーのアップ映像の配信をはじめ、「+1ボタン」を使って紅組と白組への投票の参加や、メンバーへの応援メッセージを送信できる。

 さらに、最大10人まで同時に参加できる「ハングアウト」の機能を活用し、「YouTube」でライブを視聴しながらビデオチャットを行うことができる。(毎日新聞デジタル)

http://mantan-web.jp/2011/12/20/20111220dog00m200009000c.html




Google+のAKBプロジェクトがすごいことになっている(第188回)

Google+に、ななななんとAKBがやって来た
 SNS大好きな筆者、FacebookもTwitterも大好きだけど、「+1」ボタンに象徴される「プラス志向」な感じで、直感的に情報共有できる「Google+」がマイブーム。楽しい、可愛い、美味しい、面白い、そして有用な情報がたくさん流れる、筆者イチオシのイマドキのSNS、いつも有意義に情報共有させていただいて、もう、楽しくてたまんない、みたいな…。

 そこに先日、やって来たのがAKBファミリー。AKB48をはじめとする若い娘たち70人余りが(あまり詳しくないのでよく分からないが、すべてのメンバーではないみたい)、Google+のユーザーになったのである。ただし彼女たちが自主的にGoogle+を使うようになったとか、AKBの中でGoogle+が流行っている、とかいう話ではなく、Googleが仕掛けた、「すべてのメンバーが、すべてのファンとつながる」という、「AKB48 Now on Google+」プロジェクト。

 「AKB48 Now on Google+」プロジェクトのページは下記のような感じ。「AKB48 Now on Google+ すべてのメンバーが、すべてのファンとつながる。」というのがキャッチコピー。

(後略)

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20111219/1039809/?set=ranking&rt=nocnt


関連記事
[ 2011/12/20 17:03 ] コミュニティ | TB(0) | CM(0)

どのSNSを使ったらいいのか 

Facebook、Google+、Twitter、MySpace、それにmixi。

その他ローカルなSNSにいくつか。

でもこれひとつで十分というのはないですね。

まさに用途によって使い分けということになっちゃう。


ローカルな地域SNSなんかも十分有用で楽しいはずなんだけど、だいたいが運営能力が無くて駄目になっちゃうのが残念。


Facebook? Google+? Twitter? MySpace? SNS による「社会的人格」テスト

世間では、どの SNS サービスが他より優れているか、どこが消えていくのかの話題で持ち切りだ。

私もかつてはその手の議論に参加した。だが、いまでは私は「ビッグスリー」である Facebook、Google+、Twitter がすべて生き延び、いつまでも繁栄を続けていくのが理想だと考えを改めた。さらに、私は第4の SNS、MySpace も息を吹き返し、成長路線に戻ることを期待している。

世間では、人気のある SNS が複数存在することは問題だと考えられている。人々がそれぞれに分散していってしまうからだ。あなたが Google+ を使いたくても、同僚は Twitter を使っているかもしれないし、家族は Facebook の使い方しかわからないってこともある。その結果、あなたは3つとも使い続けることになる。これは、たしかに不便だ。

だが、ひとつの SNS だけが勝利し、その他は全部消え去るという考えは間違った前提の上に立っている。すべての SNS が同じ目的で同じ顧客を対象に運営されており、異なっているのは質の問題だけだという前提だ。

たしかに、SNS サービスには他よりも運営がうまいところがある。プライバシーポリシーがきちんと守られているところもあるし、設計が優れているところもある。だが、すべてが完璧なところはどこにもない。

Facebook はとっ散らかっていて使いづらく、プライバシーポリシーはひどいものだ。Google+ はダイヤの原石で将来性はありそうだが、作りかけという印象が強すぎる。Twitter は何かの拍子にすぐ落ちる。MySpace は放置されていて会員の流出が止まらない。

だが、それでも、SNS サービスは1社でなく4社あるのが正しい展開なのだ。

あなたにあった SNS を選択することは、実はあなたの「社会的人格」をテストすることなのだ。4種の SNS、Facebook、Google+、Twitter、MySpace は、それぞれの4種の「社会的人格」にあったサービスを提供しているからだ。

(後略)

http://japan.internet.com/busnews/20111020/10.html



関連記事
[ 2011/10/21 13:45 ] コミュニティ | TB(0) | CM(0)
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。