2008年01月

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

W55TよりW61Pの方が良かったか・・・ 

w61p

W61P



ゴールドが欲しくなる。


関連記事
スポンサーサイト

再戦再戦言うなら桜庭とやってくれ 

Tag: 三崎  秋山  谷川 
谷川だけ言ってること食い違ってないかい?


『格闘技「やれんのか!」、三崎対秋山戦は無効試合に』
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/117432/
『三崎と秋山の再試合については「本イベントは継続的なイベントではないため、これを受けて再試合を組むことを約束するものではありません」としている。』


『ノーコンテスト裁定に秋山とFEG谷川代表が会見、三崎に苦言』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080123-00000030-spnavi-fight
『 三崎vs.秋山戦の2試合計画、再戦約束は「やれんのか!」実行委員会と事前に合意のものであり、戦極参戦にあたりまったく断りのなかった三崎の行動については「やれんのか!」サイドも憤慨しているという。』


『FEG谷川EPの三崎非難に菊田が擁護』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000014-nks-fight
『やれんのか!』は昨年大みそかが最初で最後の興行で、1試合だけという旨を『やれ-』サイドに合意してもらっている」と言及。』


関連記事

『電通のオプト追加出資』 

な~んか仕事に影響が出てきそうな予感・・・・・


『電通のオプト追加出資きっかけに、ネット広告企業の被買収魅力が再認識』
http://v.japan.cnet.com/column/kabuka2/story/0,3800082376,20364320,00.htm
『広告大手の電通によるインターネット広告代理専業大手のオプトへの追加出資発表をきっかけに、新興市場に上場するネット広告企業には非買収企業としての魅力が改めて意識され始めている。』
関連記事

在日同胞の秋成勲(チュ・ソンフン=秋山成勲、33) 

「朝鮮系日本人秋山成勲」じゃないの?


『秋成勲-三崎和雄、6月に韓国で再戦か』
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=94494&servcode=600§code=600
『在日同胞の秋成勲(チュ・ソンフン=秋山成勲、33)と三崎和雄(32、日本)の再対決が推進されている。』


まあどうでもいいですけど、しかし事実を曲げる書き方のオンパレードだねえ。


『しかし敗戦は認め難かった。』←公式に負けは負けでしょ

『相手の反則で敗れたと見なすことができるからだ。』←誰が見なしてるんでしょ

『「再戦すべきだ」という声も高まっている。 』←秋山陣営と谷川だけ

『しかし相手が「秋成勲がローションを塗っていた」と主張し、秋成勲は無期限出場停止処分を受けた。』←相手が主張したからじゃんくて、実際塗ってたでしょ

『それ以来、秋成勲は日本で悪の化身という印象を与える‘黒魔王’と呼ばれている。 』←「黒魔王」じゃなくて「ぬるぬる」「ヌル山」「ヌルステ」etcかと



『三崎に「反則」の可能性、秋山と再戦か』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000022-nks-fight
『FEGを主催する谷川貞治イベントプロデューサー(46=EP)は2日、「やれんのか! 大晦日! 2007」で三崎和雄(31=GRABAKA)が秋山成勲(32=フリー)にKO勝ちした試合について「反則と取られてもおかしくない」と明言、調査開始を決めた。』


『わがまま気まま流れるまま プライド、プロレス、キャットファイトなどの試合を何でも裁く「レフェリー、野口大輔」の日常』
http://blog.livedoor.jp/daisuken1/archives/64938221.html
『レフェリーの目から見てると、立ち上がり様だったから反則じゃない判断。三崎のダウンもちゃんと目が生きてたし。』



で、なつかしの秋山の台詞。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200701/at00011924.html
『秋山は「実は多汗症なんです。すぐにボタボタと流れ落ちるほど汗が出るんですよ」と笑う。カッと急に熱くなったり、緊張すると特に汗が流れ落ちるという。「もしかすると、それが原因ですかねぇ」と首をひねっていた。再戦については「今は何も考えていない。これをネタにもう1回やらせてくれというのもおかしな話だし。もちろん桜庭さんにはあこがれの気持ちをもっていますから、将来的にもう一度胸を借りられればいい」と複雑な心境を吐露した。』
関連記事
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。