2010年08月

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初代のゴジラを映画館で見る/札幌東宝公楽 

東宝公楽初代ゴジラ

すすきのにある映画館東宝公楽

ここが今月いっぱいで閉館のためラストを飾っていろんな映画が上映されてます。

しかも入れ替え無しで500円。


28、29日がなんとゴジラの第一作。

東宝と言えばゴジラ

東宝公楽には娘を連れてゴジラ映画を何度も見に行ったっけ。

初代のゴジラはもちろん何度もテレビや録画したやつを見てはいるけど、これを映画館のスクリーンで見るチャンスなんて二度とないかもしれない。

ということで28日、29日両日見に行ってきました。


東宝公楽初代ゴジラ

場内に入るとあちこちにゴジラ映画のポスター。

なんとなく気分がもりあがります。

でも東宝公楽も終わりかという気持ちと、さあこれからゴジラだ、というわくわく感がないまぜ。

なんか複雑。


始まる前にどこかから子供の泣き声。

その辺を歩き回る子供。

東宝チャンピオンまつりや東映まんがまつりの雰囲気を思い出した(笑)


始まって「ゴジラ」というでかい文字がスクリーンに出てきたらあとは映画に没頭。


いやあ、やっぱり大きなスクリーンで見るのはすごい。

テレビと違って映画の世界に入り込める。


子供向けゴジラと違ってやっぱり怖い映画だなと思います。


時代が時代だし突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めるけど日本が誇る名作だというのには変わりなし。


【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)
(2009/09/18)
宝田明河内桃子

商品詳細を見る
先日札幌東宝公楽で見ました。やはり初代は怖い。自分が生まれる前の映画だけどよくぞこんなものを作った。



関連記事
スポンサーサイト

辛そうで辛くない少し辛いラー油っていまだに売れてるのか。 

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油ってどうなんだろうと思い桃屋のオンラインショップを見てみたら「取扱休止」になってた。

いまだに売れてて入手困難状態なんだ。


楽天市場では扱ってるところもあるけど300円台から900円台までいろいろ。

amazonでも在庫ありだけど790円。



これって元々いくらなんだっけ?




関連記事

義男の空第4巻 

おっと、義男の空第4巻。



■■『義男の空』4巻のあらすじ■■

冬の北海道・函館市。
新たな命の誕生を目前に、胸おどらせる幸せな家族があった。
しかし、出産予定日の1ヶ月前、母親に異変が・・・。
泣かない赤ちゃん。「もう・・・あきらめましょう」
奇跡を信じる母親に担当医師の言葉がささる。
募る想いの中、1本の電話が鳴った。
「話をしたい」と母親に告げた医師の名は
小児脳神経外科の高橋義男だった・・・。

そして昭和36年。小学校最後の冬を過ごす義男。
学校を休み続けたクラスメイト(同級生)が心配になり。
見舞いに通っていたが・・・。

ある一人の「医師」と、その「仲間(かぞく)」の物語。
待望の第4幕!

関連記事

アクセスランキングゼロのSNSって 

久々にとあるSNSにログインしてアクセスランキングを見たら誰も出てこない。

最新日記はというと毎日誰かがちょろちょろっと書いてはいる。

日記を書いた人も他の人の日記を読んでいないし、運営者側もSNSをぞいてはいないということか。


できた時から運営者はやたら張り切ってたし、メディアにも取り上げられたので短い期間で登録ユーザも増えたんだけどダメだったね。


当初からデザインが悪いしやたら広告やいろんなパーツが貼り付けられて使い勝手は悪い。

やたらコミュニティが多いなと思って見てみると運営者が最初から作ってたもので、他に登録者はおらず。

出来てから何も書かれてないコミュニティがたくさん。

情報発信するという名目があったけど、運営者側には発信するものがなくユーザ任せ。


最初の頃はSNSを発展させようというヤル気のあるユーザもいたんだけど消えちゃったね。

自分も当時はアドバイスめいたことをしたんだけど、何を言っても運営者が変わらなかった。

きれいな返事は来るんだけど何も変化無し。

一生懸命頑張ってるんです的な返事だけ。

そして広告やパーツだけが増えていくって感じだった。



スキルのない人が自分だけの力で一生懸命やったって、そりゃ無理なものは無理。

一生懸命やってる分自分達の間違いには気がつかないか、意地になってたのか。


「SNSのあり方を考え直す時期」なんてことを言ってるけど出来た時からダメだったんだよね。

だからユーザ達からいろんな意見が出てた。

運営するスキルが最初から無かったし、成長もしなかったんだろうね。



とはいってもWEB制作会社が運営してるSNSも同じように閑散としてるのがあるけど。

あれって営業上マイナスにならないのかな?

不思議。




関連記事
[ 2010/08/19 16:29 ] コミュニティ | TB(0) | CM(0)

『この世を去ったユーザのSNSアカウント』 

一昨年こういう局面に遭遇したなあ。

自分は運営者側ではなかったけど、やっぱり考えちゃいましたね。


もし自分が運営者だったらアカウント削除はしないですね。
削除する理由が思いつかない。
記事中のTwitterの決定のように「死亡したユーザのアカウントの削除もしくはアーカイブを親族が決定できる」ぐらいかな。


Facebook並みに5億人も会員がいて毎年150万人亡くなってるなら物理的になにか支障が出てくるのかもしれないけど。

gmailなんかもっとすごいだろうな。

添付のばかでかいデータもあるだろうからリソースを使うのはSNSの比ではないだろうし。


この世を去ったユーザのSNSアカウント、どうするべき?

毎年150万人のFacebookユーザがこの世を去っているそうだ。当然Twitterや他のSNSでも同じようなアカウントが発生している。死亡したユーザのアカウントをどう扱うかという問題にSNSは何らかの答えをだすべきなのだろうか(PC Pro、本家/.)。
死んだ人のSNSアカウントに連絡を取ったりメールを送ったりすることは、その親族や友人にさらなる苦痛を与える場合があるという。また、最近 Twitterに登場した「おすすめのユーザ」のようにSNSが死亡したユーザと「つながる」よう繰り返し提案してくることも非常に辛いそうだ。SNSでは「繋がる」ことに重点が置かれており、「お別れ」についてはまだ対応が追い付いていないのかもしれない。
ちなみにTwitterでは最近「死亡したユーザのアカウントの削除もしくはアーカイブを親族が決定できる」という方針を打ち出したという。ただし、このためにはユーザが死亡したことを証明すること、またユーザに代わって決断する権限があることを証明しなければならないとのことだ。

http://slashdot.jp/firehose.pl?id=246147&op=view


関連記事
[ 2010/08/15 16:05 ] コミュニティ | TB(0) | CM(2)

会員数で GREE > mixi  

mixiあいかわらずつながらないね。

個人的にはほとんど使ってないので支障は無いんだけど。




[jp]GREEは会員数でmixi、モバゲータウンを抜く

本日発表されたグリーの決算発表資料によると、SNSでゲームプラットフォームのGREEは7月末時点で2125万人になった。ミクシィーの8月4日発表の資料によれば、mixiの7月末時点で2102万人で、またディー・エヌ・エーの8月5日発表の資料によれば、モバゲータウンの同月末会員数は2048万人。

以上のように公表されている数字からすると、GREEはこれら日本最大級のSNSの中でトップに抜きん出たことになる。8月4日の深夜にグリー代表取締役の田中良和氏がTwitter上で「7月末時点で会員数では、日本最大のソーシャルメディアになった(らしい)」とつぶやいていた。

なお、2010年6月期Q4の売上は109億4000万円、営業利益は52億9400万円だった。前四半期に比べて売上で18%増加、営業利益は増減なし、また前年同期比では売上で113%、営業利益で101%と大きく伸びている。

http://jp.techcrunch.com/archives/jp20100813gree-number-of-members-is-top-of-socialmedia-in-japan/


関連記事
[ 2010/08/15 02:59 ] コミュニティ | TB(0) | CM(0)

札幌なんちゃら都市宣言とおっぱい都市宣言 

札幌CGM都市宣言」というのを見かけて「都市宣言」というのが気になったので検索してみた。

さくっと目に付いたのがこんな感じ。

札幌市が宣言したものからどこかの誰かが勝手に言ってるものまで様々。

無防備都市宣言」は論外として「環境首都・札幌宣言」のその後は?



札幌市平和都市宣言

無防備都市宣言

札幌CGM都市宣言

環境首都・札幌宣言

交通安全都市宣言

創造都市宣言

フェアトレード都市宣言

音楽文化都市交流宣言




しかし札幌真面目だなあ。

山口県光市を見習おうよ。

かなり「父」の立場が低い気がするけど。



「おっぱい都市宣言」に関する決議


1. 私たちは、おっぱいをとおして、“母と子と父そして人にやさしいまち光”をつくります。
2. 私たちは、おっぱいという胸のぬくもりの中で、子どもをしっかりと抱き、愛しみ、心豊かで健やかな輝く光っ子を育てます。 子育てイラスト
3. 私たちは、すべての母親のおっぱいが、より豊かに赤ちゃんに与えられるよう皆で手助けします。
4. 私たちは、おっぱいを尊び、偉大なる母を皆で守ります。

「おっぱい」何と温かく、優しい言葉でしょう。「おっぱい」をとおした母と子の穏やかなふれあいは、真に生きる力を持つ、心豊かでたくましい若者を育ててくれることでしょう。
そして、この若者たちが“母と子と父そして人にやさしいまち光”で子育てを楽しみながら、このまちに住み、まちとともに輝くことを夢みて、ここ光市を「おっぱい都市」とすることを宣言いたします。

平成17年6月30日 山口県光市議会

http://www.city.hikari.lg.jp/kenkou/opp_01.html





しかし一番意よくわからないのが札幌CGM都市宣言かな。



関連記事

【メモ】ネットのクチコミ分析に見る 新しい報道の可能性 

ネットのクチコミ分析に見る 新しい報道の可能性
2010年8月10日

 米ニールセンオンラインの昨年4月の調査によると、世界50カ国のネット利用者が最も信頼している情報源は「知人による推奨」と「ネット上の消費者の意見」であるという。前者は10人中9人、後者は10人中7人が信頼すると答えており、テレビ、新聞、雑誌などのマスメディアを上回った。同社はこの2~3年の利用者の発信情報が主流となる、いわゆるCGM革命により「消費者が、直接の知人やネット上の他人からのクチコミに頼る度合いが非常に強まった」と結論づけている。

 「日経ネットマーケティング」6月号の巻頭特集は「クチコミ分析サービスで分かる 8つの事実」。CGM分析サービスに対する企業の注目と需要を解説しており、私が経営しているデータセクション社もその中で紹介された。弊社では8億件のブログ記事をデータベース化しており、ここ数年で書かれた日本語のブログはほぼすべて含まれている。ブログは個人が世界に向けて発信できるメディアだが、日本では生活体験を身内に向けて綴ったものが多い。表現するメディアというよりライフログに近い。

 その傾向は若い書き手ほど強い。そのためブログ分析では20歳から34歳の女性を指すF1層や、物心ついてからずっとネットを使っている「デジタルネイティブ層」の生活実態や消費者心理を調べるのに特に役立つ。

(後略)

http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201008060112.html
関連記事
[ 2010/08/12 13:49 ] インターネット広報 | TB(0) | CM(0)
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。