不倫サイト個人情報漏洩という喜劇

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不倫サイト個人情報漏洩という喜劇 

自殺するくらいならはなっから不倫なんざしなきゃいいのに。

しかも100%安全なんかないインターネット利用なんておつむ弱すぎる。

出来た時から話題になってた時点で狙われるリスク高すぎ。


あの不倫サイトが約4500万円の懸賞金で犯人探し。一方、すでに自殺者も…

騒動の着地点はあるのか…。

顧客情報がハッカーによって大量流出してしまった、不倫サイトのアシュレイ・マディソン。流出したメールアドレスの検索サービスが登場するなど世はまさに世紀末!な感じですが、ここにきて運営元が犯人探しに本腰を入れてきました。

トロント市警の発表によると、運営元のAvid Life Mediaは犯人の特定・逮捕・起訴に結びつく情報の提供者に50万カナダドル(約4500万円)の懸賞金を提供するとのこと。またAvid Life MediaのCEOことAndrew Ricci氏も「調査は進展しているが、より多くの情報提供が必要だ」と述べています。

さらに市警の発表によると、この不倫サイト騒動ですでに2人の自殺者が出た可能性があるとか。この自殺者がサイトの登録者なのか、あるいはその関係者なのかは今のところ不明。しかし、自殺に至るまでどんな苦悩があったのかと思うと胸が痛みます。



http://www.gizmodo.jp/2015/08/4500_3.html



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。