児童ポルノコンテンツのブロッキング

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

児童ポルノコンテンツのブロッキング 

本当にこの解釈でいいの?

『「緊急避難」としてならば、通信の秘密を侵害しても違法性が阻却される』


ISP業界が一転、児童ポルノのブロッキング実施に前向きな姿勢を表明

 児童ポルノコンテンツをISPが強制的に遮断する「ブロッキング」と呼ばれる手法について、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)が 18日、公式見解を発表した。問題のないサイトを見ているユーザーも含めて接続先URLなどの通信内容を監視する仕組みのため、これまでは通信の秘密を侵害するとして慎重姿勢だったが、児童ポルノ被害の重大性や世論などを考慮し、ISP各社が事業の一環としてブロッキングを行うことはやむをえない判断であると認めた。

 ただし、ブロッキングが認められるのは、刑法第37条の「緊急避難」にあたる場合に限定する考え。児童ポルノ画像の内容が著しく被害児童の権利を侵害するものであること、画像の削除や掲載者の摘発といった他の対策が容易に行えない海外サイトの場合であることなどが要件となる。「緊急避難」としてならば、通信の秘密を侵害しても違法性が阻却されるとの解釈は、「安心ネットづくり促進協議会」の検討グループが報告書として3月にとりまとめたが、JAIPAの方針はこれを受けたかたちになる。

(後略)

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100518_367853.html

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。