YOSAKOIソーラン祭りの陰り

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

YOSAKOIソーラン祭りの陰り 

今年もYOSAKOIソーラン祭りの季節ですか。

踊る人が熱が入るのはわかるけど、見る人は出場者の身内か観光客という感じでしょ?

それに見合った規模にしないときついと思うんだけどな。

祭りというよりダンスコンテストなのでそうそう一般的にはならんのでは。

視聴率はあがるとは思えないし。


そういえばHBCは去年「YOSAKOI見る?見ない?」というアンケートをやってましたっけ。
頭打ちのYOSAKOIソーラン祭りと水を差す参加者たち

結果は「見ない」が65%だった。

それも影響あるのかな。


人気に陰り、YOSAKOIソーラン祭り 視聴率低迷でUHBとHBCが共催を取りやめ
10年06月08日(火) 15時58分

共催企業は2年前から半減

(前略)

 YOSAKOIソーラン祭りは、1992年に始まった。初回の参加者は1000人、観客は20万人だった。以降は回を重ねるごとに参加と観客を増やし、200億円以上の経済効果を生む札幌の有数のイベントに成長した。共催企業には、新聞社やテレビ局などが名を連ね、開催期間中は各社が祭りを報じている。

 ところが不況もあって、共催企業は減る一方だ。2008年に9社(北海道新聞社、読売新聞北海道支社、HBC、STV、HTB、UHB、TVh、エフエム北海道、STVラジオ)だった共催企業は、翌年に読売新聞、エフエム北海道、STVラジオの3社がやめて6社となった。さらに今年は、HBCとUHBが共催の取りやめを決定、4社となる。

 共催企業は、祭りの運営費となる共催金をYOSAKOIソーラン祭り組織委員会に支払うが、テレビやラジオで祭りの特番を放送する場合は、別途放送権料が必要となる。共催金は「1社1000万円」とも言われているが、組織委員会では公表していない。

(後略)

http://www.hokkaido-365.com/feature/2010/06/post-554.html


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。