遠藤がなんか良かったな。/ワールドカップ日本デンマーク戦

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠藤がなんか良かったな。/ワールドカップ日本デンマーク戦 

本田のFKもさることながら、遠藤のFKで2点目を早々と取れたのが大きかったかな。


しかし後半の後ろからゴール前まで走りこんでのダイビングヘッド。

あれを見たらなんか勝てるかもと思った。


スピードがあるわけでもないし、ぐだっと飛んだ感じで見た目もいいとは思えない。

ボールも当たらなかったし。


でも熱いプレイだった。



う、眠いけど仕事頑張るか。



遠藤、会心の感触「蹴った瞬間、入ると思った」

 【W杯1次リーグE組 日本3―1デンマーク】前半30分、ゴール正面25メートルからのFK。既に1点を決めていた本田も蹴りたがったが「オレが蹴る」と制した。「GKが動かないのは分かっていた。壁も甘かった」。遠藤の右足から放たれたボールは壁を巻き、ゴール右隅に吸い込まれた。「蹴った瞬間、入ると思った」。会心の感触が右足に残った。

 4年前の前回大会はメンバーに選ばれたが出場機会がなかった。「個人的な感情は出さないようにしている」としながらも、その悔しさを晴らすかのように、初戦のカメルーン戦、第2戦のオランダ戦はチームトップの約11キロを走った。もちろんこの日も献身的にピッチを駆け回った。そのことを聞かれると、いつも淡々と答える遠藤がめずらしく語気を強めた。「こんな大舞台で走れない選手は交代するべきだ。苦しくなってもチームのためにさらに走れるようにしたい」。それがチームに対する忠誠心の証しだと言わんばかりだった。

 「チームが一つになってこの結果を成し遂げたことに満足している」。得点後はベンチで見守っていたリザーブ選手のもとへ駆け寄った。遠藤のまわりに黄色いビブスを着た選手たちの歓喜の輪ができた。試合に出られない選手のためにも――。自らと重なるリザーブ選手たちへの思いを、ほんの少しだけ垣間見せた。

[ 2010年06月25日 09:35 ]

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100625041.html
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。