若手アニメーター不足という問題

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

若手アニメーター不足という問題 

10年以上前からこういうのは言われてたよね。

人件費の安い海外に仕事を出し続けた結果でしょ。


仕事が無きゃ育たない。

生活できなきゃやってられない。



ピクサー、東映、ジブリ――アニメ産業、若手育成とヒットの関係

(前略)

世界中から優秀な人材が集まるピクサーと異なり、日本のアニメ業界には、若手アニメーター不足という根本的な問題がある。

 押井監督も08年、自身の劇場映画制作時に必要なアニメーターの頭数がそろわず愕然としたという。「第一線で活躍しているアニメーターの多くは40代以上。あと10年もすれば引退してしまう」と警告する。

 アニメーター不足の理由でまず挙げられるのが、新人アニメーターの賃金の安さ。

 日本アニメーター・演出協会(JAniCa)調べでは、20代アニメーターの平均年収は110万円。低賃金のため、一人前になる前に脱落してしまうケースが後を絶たない。そのため、ベテランの技術が次世代に伝わらない。

(後略)

http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/706f0d35d896d82a82c0d1e907bf3956/page/4/

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。