【メモ】ネットのクチコミ分析に見る 新しい報道の可能性

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【メモ】ネットのクチコミ分析に見る 新しい報道の可能性 

ネットのクチコミ分析に見る 新しい報道の可能性
2010年8月10日

 米ニールセンオンラインの昨年4月の調査によると、世界50カ国のネット利用者が最も信頼している情報源は「知人による推奨」と「ネット上の消費者の意見」であるという。前者は10人中9人、後者は10人中7人が信頼すると答えており、テレビ、新聞、雑誌などのマスメディアを上回った。同社はこの2~3年の利用者の発信情報が主流となる、いわゆるCGM革命により「消費者が、直接の知人やネット上の他人からのクチコミに頼る度合いが非常に強まった」と結論づけている。

 「日経ネットマーケティング」6月号の巻頭特集は「クチコミ分析サービスで分かる 8つの事実」。CGM分析サービスに対する企業の注目と需要を解説しており、私が経営しているデータセクション社もその中で紹介された。弊社では8億件のブログ記事をデータベース化しており、ここ数年で書かれた日本語のブログはほぼすべて含まれている。ブログは個人が世界に向けて発信できるメディアだが、日本では生活体験を身内に向けて綴ったものが多い。表現するメディアというよりライフログに近い。

 その傾向は若い書き手ほど強い。そのためブログ分析では20歳から34歳の女性を指すF1層や、物心ついてからずっとネットを使っている「デジタルネイティブ層」の生活実態や消費者心理を調べるのに特に役立つ。

(後略)

http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201008060112.html
[ 2010/08/12 13:49 ] インターネット広報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。