義男の空第4巻

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

義男の空第4巻 

おっと、義男の空第4巻。



■■『義男の空』4巻のあらすじ■■

冬の北海道・函館市。
新たな命の誕生を目前に、胸おどらせる幸せな家族があった。
しかし、出産予定日の1ヶ月前、母親に異変が・・・。
泣かない赤ちゃん。「もう・・・あきらめましょう」
奇跡を信じる母親に担当医師の言葉がささる。
募る想いの中、1本の電話が鳴った。
「話をしたい」と母親に告げた医師の名は
小児脳神経外科の高橋義男だった・・・。

そして昭和36年。小学校最後の冬を過ごす義男。
学校を休み続けたクラスメイト(同級生)が心配になり。
見舞いに通っていたが・・・。

ある一人の「医師」と、その「仲間(かぞく)」の物語。
待望の第4幕!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。