拾ったUSBメモリーをどうするか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拾ったUSBメモリーをどうするか 

触りたくもないな。


頻発中の「企業を狙うサイバー攻撃」に対して個人が心がけるべきこと
アナタも国家組織に狙われている!具体的にはトイレで!

2013年06月22日 11時00分更新

(前略)

意外と多いUSBメモリー経由の被害――罠と化す記憶媒体

 USBメモリーは、いまや光学メディアを凌駕したと言ってよいほど、お手軽で持ち運びやすいデータストレージだ。間違いなく1人1個以上持っているし、ファイルの受け渡しが極端に楽になるため、業務に活用している人も多いだろう。

 ところがマカフィー曰く、このUSBメモリーこそ、特定の企業を狙う場合によく使われる代物だという。

 具体的には、テールゲート(入館時の共連れ)や業者になりすますなどして巧みに会社に侵入し、悪意あるプログラムを仕込んだUSBメモリーをトイレの個室などにわざと置いておき、そのUSBメモリーが社内のPCに挿し込まれることを意図する。

 狙っているのはメールアドレスやログイン情報といった情報漏洩系であったり、ウイルスに感染させて、DDoS攻撃に利用されたり、他の組織への攻撃の踏み台になることもある。

(後略)

http://ascii.jp/elem/000/000/791/791511/?fb_action_ids=522990904416479&fb_action_types=og.likes&fb_source=timeline_og&action_object_map=%7B%22522990904416479%22%3A630331440313286%7D&action_type_map=%7B%22522990904416479%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
   
検索BOX・タグ一覧
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  08  06  05  01  11  10  09  06  05  01 
    


track feed 【ちんたら生活】 インターネットで遊んでみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。